【臨時収入をゲット】初心者向けのお酒買取講座【Collector Purchase】

お酒を買い取ってもらおう

コレクションの整理などで、不要になったお酒はありませんか。お酒は、バッグなどのブランド品と同じように買取をしてもらえるんです。ブランデーや日本酒、ワインやシャンパン、ウイスキーなど様々な種類のお酒を買い取ってもらえます。豊富な知識と経験があるスタッフが対応してくれるので、お酒にあまり詳しくない方でも安心して買取をしてもらえます。買取にはいくつか必要なものや、あると高価買取に繋がるものがありますのでリストにまとめて紹介します。ただし、買取時に必要なものは、買取ショップによって異なるので確認しておきましょう。

お酒買取時に必要なものリスト

  • 身分証明書(保険証、運転免許証、パスポートなど)
  • 鑑定証
  • 保証書(ギャランティカード)
  • 保存袋

お酒の買取方法

ボトル

お酒買取には、いくつかの方法があります。家の近くに買取店舗があるのならば、直接お酒をお店へ持っていきましょう。対面で査定してくれるので、疑問点や不安な事があってもすぐに聞くことができます。また、査定金額の受け取りもその場でできるので、急にお金が必要になった方にも店舗買取はおすすめです。しかし、近くにお酒の買取を行っているお店がない方もいますよね。そのような方は、宅配買取を利用してみれば買い取ってもらえます。宅配買取は、遠方にお住いの方はもちろんのこと、対面での買取を避けたい方におすすめです。ダンボールが手元にないという方も、無料の梱包キットを事前に送ってくれるお店もあります。さらに、お酒の保管場所までスタッフが来てくれる出張買取を行っているお店もあります。買い取ってもらいたいお酒の本数が多い場合に持ってこいです。自分に合った買取方法で、楽に買い取ってもらいましょう。

お酒を高く売るコツ

ボトル

長年、眠っていたお酒はラベルに汚れがついていたり、ボトルにホコリが溜まっていることがあると思います。お酒の魅力を存分に引き出すには、ボトルの見た目も重要です。買取に出す前に、汚れを拭いたりホコリを落としてから査定してもらいましょう。また、付属品もお酒の査定額に大きく影響します。購入時の箱や袋、替栓などがあれば一緒に持っていきましょう。さらに高く売るコツとして、何本かまとめて査定してもらうことです。どの買取店も1本だけ査定してもらうより、数本以上まとめて査定しもらったほうが買取金額が高くなることが多いのです。この何点かを踏まえて、お酒を少しでも高く買い取ってもらいましょう。

ギャランティカードとは

ボトル

ブランド品を購入した際、商品と一緒にブランド名が書かれたカードがついてきませんでしたか。それが、ギャランティカードです。ギャランティカードは、そのブランドの品質の保証を意味しています。ギャランティカードは、正規店で購入したときのみ発行されます。そのため、商品のブランドを証明するギャランティカードは、中古買取時などに持っていくと査定額に良い影響があります。お酒を購入した時も箱と一緒に取っておきましょう。